メイン
M00-04
M05-09
M10-14
M15-19
M20-24
M25-29
M30-35

「果てしなく青い、この空の下で…。」耳コピ計画 M15-19

注: このページにあるすべての楽曲の著作権はTOPCAT様にあります。

 

M15   ヤクザ 作曲: SYUN ©TOPCAT
2/1

Ver. 0.10

mafia_party010.mp3
(2,643KB)

maifa_party010.mid
(171KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

Violin 3パート、Piano、Contrabassをすべて2本にしました。

Violinは、2本を微妙にずらしつつ、音量のバランスを変えて中間の音(B)を強くしました。Pianoは音色をPiano 2に変更。

音量やエフェクトの調整はなかなか難しいです。

MIDIデータが大きくなりましたが、シリアル転送のMIDI音源でちゃんと鳴るのか心配です。VSCは大丈夫なんですが...

1/16

Ver. 0.01

mafia_party001.mp3
(2,672KB)

maifa_party001.mid
(86KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

音を拾う。

バイオリンにコントロールをかけてみましたが、いまいちです。

 

M16   火事 作曲: SYUN ©TOPCAT
2/4

Ver. 0.10

fire010.mp3
(3,643KB)

fire010.mid
(24KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

ドラムセットを中心に楽器の種類やVelocityを修正しました。音色は変更していません。

あとは、全体のバランス・音量とエフェクトの調整です。

1/18

Ver. 0.01

fire001.mp3
(3,610KB)

fire001.mid
(24KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

音を拾う。

つらかったです。

コントラバスは1小節を9拍で叩いていますが、他のパートはほとんど4拍で叩いています。ドラムセットは不定のパターンが多いです。

 

M17   辻夫の苦渋 作曲: SYUN ©TOPCAT
2/5

Ver. 0.10

crying_tuzio010.mp3
(2,521KB)

crying_tuzio010.mid
(14KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

ストリングス系(Viola、Cello、Contrabass)にcresc.をつけました。また、Pianoは低い方を重ねたパートを追加しました。Nylon-str Gt.とXylophone (L、R)にVelocityをつけました。

あとは、全体のバランス・音量とエフェクトの調整です。

1/18

Ver. 0.01

crying_tuzio001.mp3
(2,517KB)

crying_tuzio001.mid
(5KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

音を拾う。

弦楽器は、Contrabassをメインに、Violaを上にかぶせて、Celloを間に入れました。

Nylon-str.Gtはアドリブの部分が適当です。出来はいまいち。

その後に出てくるのはXylophoneです。

 

M18   藍がいない 作曲: SYUN ©TOPCAT
2/6

Ver. 0.10

ai_not_found010.mp3
(2,492KB)

ai_not_found010.mid
(8KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

Harpは音の長さを見直しました。また、Choirは音の長さの修正とExpressionの追加です。

あとは、全体のバランス・音量とエフェクトの調整です。

1/22

Ver. 0.01

ai_not_found001.mp3
(2,427KB)

ai_not_found001.mid
(5KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

音を拾う。

Harpの曲ですが、裏にChoirが入っています。

 

M19   猫屋敷 作曲: SYUN ©TOPCAT
2/10

Ver. 0.01

cat_house001.mp3
(2,959KB)

cat_house001.mid
(2KB, VSC3.2/SC-88Pro Map)

音を拾う。

この曲は、ビートが無いので何拍子か、テンポはいくつかがわかりません。そこで、仮にTEMPO 60で検討して、約4拍で音が変わるタイミングがあることから、4/4としました。最後に全体の長さからTEMPO 56としました。

ロングトーンのPadは、コード(和音)の構成にかなり悩み、平均律で拾える音を当てはめてみました。が、多分ピッチをずらして平均律から外しているのではないかと思われます。その調査はVer.0.10以降に…。

短いトーンのPadも同様です。

 

 

→メインページ