PCで音楽制作X その3

前回に続けて2002年上期の出来事を振り返っています。

5. ゲーム用BGMを作ろう

ある日、珍しい人からメールが届きました。

> お久しぶりです。N.Mです。
>
> 私は現在ゲームを作っているのですが、BGMをつけようかと思っています。
(略)
> そこで、勝手ではございますが、簡単なもので十分ですので
> 1曲作っていただけないでしょうか?

N.Mさんは以前同じ職場にいた方ですが、会社の事情で今は別の事務所です。ゲームに限らず作曲などしたことがない人に作曲を依頼するとは、なかなか勇気があるというか……。まさか、スーパーなエンジニアの人の試験なのか?

さて、ゲームのBGMと言っても様々な種類があり、携帯ゲーム機のPSG相当の音源では最近流行のI'veさんのようなサウンドは当然無理です。それに依頼主のゲームの内容も知らないし、曲のリクエストを聞き出さなければ。

私 「BGMに期待しているゲームの世界観とかキャラの性格とかあります?」
N.M「イメージは育成ゲームによくあるような感じでおまかせします」

しまった、育成ゲームはやったことも、曲をちゃんと聴いたこともない!

私 「イメージしている具体的なゲームとか曲とかありますか?」
N.M「言い遅れましたが、オリジナルを希望です。著作権とかうるさいので」

どうも具体的な指示が出てきません。ではちょっと質問を変えて、

私 「まじアンのBGMみたいなものでイメージにあうのでしょうか?」
N.M「そんな感じでお願いします」

オーダーの指示がすごく曖昧な気がする(滝汗)。

ゲームで実際に使用するのはMMLに近いフォーマットなので、3和音の携帯着メロのデータと近いものになります。音色を選べないのと、音符毎に強さをつける必要が無いのと、音の高さ(オクターブ)の範囲も狭く作ります。ここまでを確認したところで寝ようとしたのですが、曲が浮かんだのですぐ打ち込んでみました。2時間くらいで調整まで完了。4/21 03:39送信。

私 「ゲームの世界観とか把握してないので、適当に作ってみました」
N.M「ありがとうございます。短期間で作られたとは思えないです」

とりあえずOK。一週間後、プログラムへの組み込みができたようです。

私 「ご苦労さまです。ところで、OPとか効果音とかいらないのですか?」
N.M「できればイベント用もあれば…と思っています。効果音は無しです」

N.Mさんはプログラムコンテストで優勝を狙っているので、目に付く仕掛けは多い方が有利に決まっていますよね。というわけで、仕事に疲れた日に。

5/4 01:26 海っぽいBGMをどうぞ。
5/4 01:50 いやな友人(おじゃまむし)が来るっぽいのどうぞ。
5/4 02:09 マージャンっぽいのどうぞ。
5/4 03:21 オープニングっぽいのです。歌詞は適当につけてください(笑)。

先の3つはイメージ別BGMで、20分くらいでできてました。最後のはアイドル声優さんが歌うオープニングっぽい曲で、一番の歌詞が入る想定です。PSGでボーカルとコーラスを入れているので、残りはベースと一部バッキングです。作るのに1時間少々かかりましたね。

〆切が近い時期にこれだけのデータが急に増えるとN.Mさんがあせっている様子が想像されますが、〆切前にPSOで遊んでいるのもどうかと思います(笑)。

結果、一曲を除いてゲームに収録され、ゲームも無事にコンテストで入賞しました。N.Mさん、おめでとうございます。

私 「……ということだったんですよ」
J.T「ああ、それはすごいですね。ところで、携帯ゲーム機は容量が小さいから、音楽とか画像を詰め込むのが大変なんですよ」
私 「うわっ! 容量に気づかずに曲を何曲も送っちゃった」(つづく)


→戻る